ウーバーが人気で日本でも車が不要になる日も近いかもしれない

皆さん、ウーバーって知っていますか?

ウーバーとはアメリカで人気がある配車サービスです。車を持っている人がタクシー代わりにちょい乗りサービスを代行しちゃうというもの。

タクシーの運ちゃんは各地で怒っていますが安いし手軽なので流行っているのが現状です。

ウーバーの企業価値はいくらかと言えば何と6兆円超えているようですね。

日本で言えば時価総額で言えば任天堂やゆうちょ銀行レベル。何でそんなサービス会社が価値があるのか不明ですが(^_^;)、今凄い勢いで評価が上がっているということです。

規制緩和!規制緩和!と言っている人達

ウーバーが日本に来たらタクシー業界は今以上に厳しくなるでしょう。

(※日本では2013年に試験的にウーバーが導入されたが国に注意されて中止に、白タク行為という指摘)

たださえ不景気なのに…ということです。

ところでウーバーって一般人がタクシー代わりに車を出すので大丈夫なの?という心配はあると思います。

これは日本以外のところでそのサービスを使ってみないとわからないですよね。

ただ向こうではみんな普通に使っているようです。都会だと非常に便利だしウーバーに登録したドライバーがお小遣い稼ぎになるので嬉しいみたいですね。ガソリン代くらいは暇なときに稼げるシェアサービスみたいな乗りでしょう。

そもそもウーバーは車を持っていないので何かリスクが少なそうなビジネスだな~と思いますね。車の所有者を有効活用するサービスです。日本人だとこういうウーバーのスマホアプリを作ることを一生懸命に考えそうですがそれにとどまらずにそのアプリを使ってすぐにビジネスとしてやっちゃう辺りはアメリカ人らしいなっていう。

結局、ウーバーという会社はスマホアプリのシステムを上手く使って配車サービスしている会社ですから日本でやるには難しいかなっていうところはありますね。車は滅茶苦茶余っているんでしょうけども。売れなくてディーラーにいっぱいあるし。。

あとは業界的な規制が難しいでしょうね。日本といえば規制が厳しい国ですからタクシー業界はいい加減にしろというように言ってくるでしょうしウーバーはまだ日本に上陸していません。いろいろ内々で揉めているところはあるらしいですし…。

しかしこういうサービスを目の当たりにすると日本で規制緩和、規制緩和言ってるような人達は勢い付くでしょうね。そういう人達って外国の良いところだけみてきて、「こんなに外国は進んでいるのに」とか言い出しちゃうんですよね~。

言ってみれば外国かぶれはいつの時代にもいて、いろいろ留学とかもしている連中が多いので学歴が高いので社会的に地位が高かったりして厄介なんですね。留学組ともなれば官僚でない限りは社会人スタートが遅れるので大体は出世できない人達なので日本嫌いな人が多いです。

自分はこんなに学歴高いし、日本しか知らない人より物知ってる体(てい)で生きていますから、規制緩和命になったりする人も多いです。言ってみればこれこそルサンチマンってやつなんですよ。欧米帰りの鼻持ちならない奴の正体っていうのは日本の中では結局貧乏くじを引きそうなので(引いちゃっていて)イラツイているにすぎないんですね。

こうなるとですね、まさに厄介な奴となります。こういう系で近年1番厄介な奴と言えばアメリカ帰りの竹中平蔵さんですよね。これは困った人で安倍政権に内々で入り込んでいろいろやっちゃってるんですよ。安倍さんていう人は社会人としては全然続かなかった人ですから、やっぱり何か日本社会に不満を持っているんでしょうね。周りの人もそういう人ばっかりです…。

ウーバーが上陸すると車が不要に

ウーバーがあれば車が不要になるかもしれません。

今時、車を持っているのは経済的でないというのは確かです。

成人して老後まで車を所有すると大変な大きな金額になってしまうので改て計算しないほうが良いです(笑)。

そうすると本当嫌になってしまいますから止めた方がいいでしょう。

遠くにいくならレンターカーで十分ですし、近くならウーバーですね。タクシーは高いし何か癖がある人が多いので使いたくないのが実情です。

アメリカでもそういう風潮があってタクシーの運転手ってちょっとなというのがあるみたいですよ。これは仕方ないことでしょうね。ウーバーは新しいシステムですから運転手も新しく運転手をやる人が多いので新鮮さがまだあると。対してタクシー業界はこの道何十年という人もいてしんせんみはないということです。

最後にRT

車買取 青森で車を売っちゃおう♪