終わりの始まりについて考えています

勃起不全になってもうオワリだと思うのは考え過ぎでしょうか?ですが人生が終わったかのような錯覚にとらわれているのです。オトモダチは歳だからしょうがないと言いますが生死に関わる問題です。勃たないことによって男性というか人としての終末を感じます。この際後輩に仕事を頼んで山奥で暮らしたいなと思ってしまいました。最近の自分の光とは子供がいてくれることです。子供が育っていくのがただ一つの支えになっていて親心でしょうか。

しかし子供は意に反して反抗ばかりしています。多分自分は子共に捨てられるのかも知れませんね。この頃は子離れが不可能な親がいて自分もそうならないように気をつけています。セックスをおこなわない仮面夫婦が世の中にどれくらいなのか調査しました。で、ですが結婚期間の長さによって違いはあると言うことです。それを受けての感想としては自然かなと思えました。データによると何と全体の半分以上の夫婦はセックスがなくなっています。その要因としては疲れている、なぜかが多いようです。直近では妻を抱く機会が減っ立というか全くごぶさたです。これは今に始まったことではなくおもったより以前からと言えばそうです。この原因は仕事時間が長くなったのとその後は酒浸りだからでしょう。

まあ最近では接待は減っているものの仲間と会食することが多いですね。そして帰ってからバタンキューです。夜に頑張れるようにすっぽんを食べました。ただそれは全く効果がありませんでした。夜のげんきが無い時には何とかというのは嘘なのではないでしょうか?それから家族が買ってきた強壮剤を飲んだんです。しかしながらこちらに関しても変化は無かったです。朝に立たなくなると残念至極に思います。勃たないことが相手が悲しむことに繋がります。あの頃は不倫バンバンで妻以外に相手がいました。ちょっと前はビンビンであの頃が懐かしいです。現在では妻も抱けませんし投了し立ところになります。奥さんが私に対して言うにはこのインポ野郎だそうです。非常に酷な話だといえませんか?自分も本当なら嫁を抱いてやりたいのにいつも悲しいです。ですが私は嫁と歳が離れているのでそれも仕方ないかも知れません。結婚相手は同じ歳くらいの方が無難というのはどうも的を射ている話です。セックスしなくなると夫婦は終わってしまうと感じます。私の心境としてはまさにそうで同年代の夫婦もそう見受けられます。確かに夫婦間というのはセックスだけに左右されるものではないのです。たとえば仕事のことや住宅ローンのことなど要素は多くあります。しかし根本的にセックスがないと夫と妻は恋人同士には決して戻れません。自分の中には教義のような重たいそして確かな思いがあってそれは必ず勃起するという思い込みにも似たものになります。それは想起しているものですが脳のイメージでは勃っています。これについてはほぼイメージトレーニングのようなものでしょう。そしてご飯改善もしていて周囲から敬意を払われることもあります。ここまで言って何ですが結局一度たりともEDから開放されていません。どうもいい話をしてしまいましたがこれは勃起不全の話でしたね。そういうことでこの頃も風俗に行ったりしてふにゃちんを慰められました。私としては恥ずかしいなと思っています。きっと諦めきれなくてそんなことばかりしてしまうのでしょう。周りの反応は芳しくないのですがそれもそうだなと思います。

シトルリンサプリが副作用あるなんて誰が言った?

コメントする